意外な時に活用できるマンスリーマンションの魅力とは

寝室

研修社員の住居として最適です

白を基調とした部屋

マンスリーマンションを会社で契約し、長期出張者や海外からの研修期間中の社員住居として利用するケースが増えています。マンスリーマンションを一言で言うならば、短期契約の家具・家電付きのマンションやアパートとなります。
特に海外からの研修で1~3か月の期間日本に滞在する場合に、ビジネスホテル等を宿泊先とした場合、滞在費用が高額になってしまいます。日本国内に滞在する期間、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・ベッド等生活の必需品が用意されているマンスリーマンションを利用することで、滞在期間を自分の家の様に使えることが出来るのです。
敷金・礼金など、通常賃貸マンション・アパートを契約する際の費用も必要ない物件も多く、定期的・継続的に海外から研修の為に社員を受け入れることが無い場合にも、その都度契約出来るので経費削減に繋がります。
将来的に海外から日本国内へ長期滞在予定の社員に対し、朝食・夕食が利用出来るビジネスホテルではなく、マンスリーマンションで、自炊や近くの飲食店で食事を摂るなど、日本の生活に慣れてもらう意味でも、自分の家として積極的に利用する企業も増えているようです。
契約し続ける通常の賃貸マンション・アパートを継続的に利用すると、研修期間終了後に部屋の掃除等の心配もありますが、都度契約し直すマンスリーマンションであれば、常に清潔な環境を社員に提供することが出来るのも大きなメリットと思います。

NEW POSTS

TOP